桑田佳祐 ニューアルバム「がらくた」発売&全国ツアー開催決定!!

桑田佳祐

リリース情報

この男、どスケベにつき!
ソロ30年目の衝動。

ソロ活動30年を迎える桑田佳祐の新たな衝動!
ポップスの臨界点を超えた究極のアルバム「がらくた」誕生とともに、10箇所18公演に及ぶ全国アリーナ&5大ドームツアー開催決定!
2013年3月13日発売のシングル曲「Yin Yang(イヤン)」から、昨年発売のシングル曲「ヨシ子さん」「君への手紙」、さらにはNHK連続テレビ小説「ひよっこ」の主題歌として話題の「若い広場」、JTBの新TVCMソングとしてオンエア中の「オアシスと果樹園」まで全15曲を収録したフルボリュームアルバム!

桑田佳祐
ニューアルバム「がらくた」
  • 2017年8月23日(水)発売
    • 初回生産限定盤A (CD+Blu-ray+特製ブックレット)
      • VIZL-1700 / ¥4,800+税
      • ORDER
    • 初回生産限定盤B (CD+DVD+特製ブックレット)
      • VIZL-1701 / ¥4,500+税
      • ORDER
    • 初回生産限定盤C (CD+特製ブックレット)
      • VIZL-1702 / ¥3,500+税
      • ORDER
    • 通常盤(CD)
      • VICL-65000 / ¥3,300+税
      • ORDER
    • アナログ盤(重量盤2LP/オリジナル特典付/完全生産限定)
      • VIJL-61800~1 / ¥4,300+税
      • ORDER

    初回生産限定盤A・B・Cはブックケース入りデジパック仕様

  • 初回プレス封入特典(全形態共通)
    • 桑田佳祐 LIVE TOUR 2017「がらくた」アルバム 購入者限定・チケット抽選先行受付シリアル番号

      全国5大ドーム公演のチケット抽選先行受付となります。

      対象公演
      • 11月11日(土)・12日(日)東京ドーム
      • 11月18日(土)・19日(日)ナゴヤドーム
      • 11月25日(土)福岡 ヤフオク!ドーム
      • 12月16日(土)・17日(日)京セラドーム大阪
      • 12月23日(土・祝)札幌ドーム
      抽選受付締切
      2017年8月31日(木) 23:00
      • 詳細は商品(VIZL-1700/VIZL-1701/VIZL-1702/VICL-65000/VIJL-61800~1)封入のチラシをご覧ください。
      • 1シリアルで1公演につき4枚迄お申込みいただけます。(複数公演申込可能)
  • 初回生産限定盤特典
    • 「がらくた」Bonus Disc

      奇跡の映像化!!!桑田佳祐史上・初のBillboard Live Tokyoでの超プレミア公演から、「若い広場」「君への手紙」「ヨシ子さん」を含むアルバム収録曲のライブ映像を8曲厳選収録。さらに、新たにアレンジされた音源による「悪戯されて」のMUSIC VIDEOを初作品化!

      初回生産限定盤A・Bに付属

    • 特製ブックレット「がらくた」(全120ページ)

      歌詞ブックレット、ここでしか見られない撮り下ろしフォトに加え、15曲のアルバム収録曲それぞれのタイトルに一篇ずつ計15篇を、桑田佳祐自らが書き下ろした貴重なエッセイ集「がらくたノート」を収録。

      初回生産限定盤A・B・Cに付属

    アナログ盤オリジナル特典
    • オリジナルB2ジャケットポスター封入
    1. 過ぎ去りし日々 (ゴーイング・ダウン)

    2. 若い広場

      平成29年度前期・NHK連続テレビ小説「ひよっこ」主題歌

    3. 大河の一滴*

      UCC BLACK無糖TVCMソング

    4. 簪 / かんざし

    5. 愛のプレリュード*

      JTB 2016 TVCMソング

    6. 愛のささくれ~Nobody loves me

      WOWOW 2017 TVCMソング

    7. 君への手紙*

      映画「金メダル男」主題歌/WOWOW開局25周年CMソング

    8. サイテーのワル

    1. 百万本の赤い薔薇*

      フジテレビ系列 全国26局ネット「ユアタイム~あなたの時間~」テーマソング

    2. ほととぎす [杜鵑草]

    3. オアシスと果樹園

      JTB 2017 TVCMソング

    4. ヨシ子さん*

      WOWOW開局25周年CMソング

    5. Yin Yang(イヤン)*

      2013年 フジテレビ系木曜劇場「最高の離婚」主題歌

    6. あなたの夢を見ています*

    7. 春まだ遠く

    *はAlbum Versionを収録

    • 「がらくた」Bonus Disc

      初回生産限定盤A・Bに付属

        • この夏、大人の夜遊びライブ in 日本で一番垢抜けた場所!! at Billboard Live Tokyo(2017.07.11)

          百万本の赤い薔薇 / 大河の一滴 / 君への手紙 / 愛のささくれ~Nobody loves me / 簪 / かんざし / 若い広場 / オアシスと果樹園 / ヨシ子さん

        • MUSIC VIDEO

          悪戯されて(New Arranged Version)

    • 特製ブックレット「がらくた」(全120ページ)

      初回生産限定盤A・B・Cに付属

      桑田佳祐書き下ろしによるエッセイ集「がらくたノート」 / 歌詞ブックレット / 撮り下ろしフォト

      特製ブックレットは左右両開きとなります。

ムービー

桑田佳祐 インタビュー

遂にリリ-スされる『がらくた』ですが、どんな経緯で完成したんでしょうか?

今回のセッションで最初にやったのは「愛のプレリュ-ド」で、一昨年の10月くらいだったんです。その時点ではアルバム制作というより、とりあえず1曲やってみた感じでした。そのあとも、それがシングルの曲であっても力が抜けた状態で、その後も大上段に振りかざすことなくね、みんなに親しんでもらえる“小品”を目指したのがこのアルバムだったんですよ。

“小品”という表現は、親しみ易くていいですね。ポップスってそもそも、そういうものでしょうし。

あとタイトルに関しては、ポ-ル・マッカ-トニ-に“junk”って曲があって、あれは短い“意味なし歌”のようでいて、味わい深くもあってね。『がらくた』というタイトルに関して言うなら、あの歌のことが頭の片隅にあったのかもしれないですけど

今回の特徴としては、少人数でのレコ-ディングが多かったとか?

ほとんどの曲がそうでした。「大河の一滴」もそうだし、「ほととぎす[杜鵑草]」、「簪 / かんざし」、あと、「愛のプレリュ-ド」に「愛のささくれ~Nobody loves me」もね。

「君への手紙」、「オアシスと果樹園」、「ヨシ子さん」などもそのようですね。

ただ、「百万本の赤い薔薇」は原さんと曽我君ていうオペレ-タ-にもアレンジを手伝ってもらってます。さらに「過ぎ去りし日々(ゴ-イング・ダウン)」や「サイテ-のワル」に関しては、どちらかというとバンド・サウンドかな。でもバンドといっても、普通はブラスとか入れるのが似合いそうな曲なのに、その代わりノイズの“♪ピシュゥゥ-”って音を入れたりして、敢えて少人数で仕上げているんですけど。最後の「春まだ遠く」に関しては、島健さんのストリングス・アレンジで歌わせて頂いてて、他とは雰囲気が違いますが。でも基本的にはね、打ち込みも使いつつ、少人数の“ユニット”で作ったみたいなアルバムなんですよ。

その“ユニット”が機能した際の、スタジオの雰囲気はどんな感じだったのでしょうか?

いずれにしても、僕が曲を作るところから始まりますが、そのあと、“こんな感じのコ-ド進行で”みたいに、みんなのところに持っていくんです。そこにはキ-ボ-ドの片山くん、マニピュレ-タ-のカワチョー(角谷仁宣)、エンジニアの中山くんが居て、少人数のなか、僕の提案に対してアイデアを返してくれたり、僕は僕で“あ、いいねいいね”とか言いつつ、たまには“え、そう来たの?”なんてこともありながら、ゼミの夏合宿のように楽しくやってましたよ。途中、みんなの間に何度も不思議な化学反応が起きて、気づけば完成していたという感じですけどね。

聴かせて頂くと、歌のテ-マは多岐に渡りますが、「今だからこそ描けたもの」があるとしたら、どんなことでしょうか。

1曲目の「過ぎ去りし日々(ゴ-イング・ダウン)」とか、そうかもしれないです。あくまでファンタジ-としての設定ではあるんだけど、“俺の歌”が書けたのかなぁ゛というか…。

それは具体的には?

例えば“もう、だめだぁ~。でも、しょうがねぇなぁ~”みたいな歌詞があるとするでしょ? でも今は、そう嘆きつつも“愛してるよ~ 恋してるよぉ~”と、逆のことも同時に言える立場というかね。“過ぎ去りし日々”を単に“あの頃は良かった”と歌うより、伝わり方も意味シンだろうし、いいんじゃないかと思うんですよね。もしこれを20年前に歌ってたら、“もう、だめだぁ~”が別の意味に伝わったと思うんですけどね。

「簪 / かんざし」と「ほととぎす[杜鵑草]」は、歌詞に一切、英語が出てこないですね。

実は今回、曲によっては「歌詞から先に書いてみよう」という気持ちにもなってたんですよ。そういうことは初めてだったし、新たな収穫でした。

桑田さんというと、曲から先に作るイメ-ジが強かったですが…。

でもそのことでね、歌のテ-マも自然と広がったんじゃないですかね。もちろん今回も、まったく英語を使ってないわけじゃないですけど。

「愛のプレリュ-ド」と「オアシスと果樹園」は、ともにJTBのCM曲で、舞台はハワイですね。

確かにこの2曲は“ハワイ二部作”なんですが、“プレリュ-ド”に較べて“オアシス”は、ワイキキというより荒々しい自然の中のハワイといいますかね。アメリカのテレビ・ドラマで『HAWAII FIVE-0』ってあるでしょ? あの番組に出てくる風景というか。

10月からツア-が始まりますが。

7月にライブ・ハウスやって8月に夏フェスに出て、そしてツア-ですが、これをホップ・ステップ・ジャンプじゃないけど、いい流れで繋げていけたらいいんですけど。内容に関しては、あまり細かく決めすぎずにね、人間的な部分もふくめ、“今の自分”を見て貰えればいいかな、と思ってます。

インタビュー・文=小貫信昭